ガウディ建築カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)のお宅拝見 スペイン旅行記6日目(8) - ビール好き女子が海外を行く!!ぷはぷは旅行ブログ

ビール好き女子が海外を行く!!ぷはぷは旅行ブログ ホーム » スペイン2012_9月 » ガウディ建築カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)のお宅拝見 スペイン旅行記6日目(8)

ガウディ建築カサ・ミラ(ラ・ペドレラ)のお宅拝見 スペイン旅行記6日目(8)

カタルーニャ音楽堂のガイドツアーの後は!!
25分ほど歩いてカサ・ミラに到着♪

こんな個性的な建物やねんけど、
一般の建物たちと並んで普通に道路に面して建ってるよ。

ガウディ建築の世界遺産・カサ・ミラ


いつものようにガイドブックによると。

カサ・ミラとは。

独特の形状からバルセロナ市民に
「ラ・ベドレラ(石切り場)」の愛称で親しまれるガウディ晩年の作品。
地中海の巨石を思わせる造形は、
カタルーニャの聖地であるモンセラットの奇岩をモチーフにしたもの。

とのこと。


さて、チケットを買って中に入るよー。
ほとんど人が並んでなくて、すぐに入れたよ。

ちなみにemimが持ってたガイドブックには料金10ユーロって書いててんけど、
なんと!実際は16.5ユーロ。

価格上昇率ハンパないねー^^;


で、中に入るとまず中庭(パティオ)に出ます。

カサ・ミラの中庭

うわっ~!!
スペインに来ていろんなパティオを見たけど、こんな形のパティオ初めて見た~。

円柱形?

ガウディが設計すると、パティオもこんなにぐるーっと丸い形になるんやねー。


次は階段をのぼるよー。

手すりが波打つ形の階段

手すりの形も微妙に波打ってる!!
ほんまガウディって直線嫌いなんやなー^^

何階分のぼったかな?
最後の方はふうふう息を切らしながら屋上に到着。

屋上庭園

うわー。風がそよいでいてめっちゃ気持ちいい!!

ここでは床面もあまり平面ではなく、
階段を多用したアップダウンを繰り返した造り。

歩きまわるにはちょっとめんどくさいけど、
階段のすみっこにちょこっと腰をかけるとめちゃ落ち着けてなごむわぁ。


そしてなぜか不思議なオブジェがいっぱい。

ユニークなオブジェたち

これは宇宙人?
それとも顔はちょっと違うけど、並んでる感じはモアイ像?

まあ、とにかく楽しくてくつろげる空間ってのがガウディの目指した所かな。


見晴らしもけっこういいよ~。

カサ・ミラから見える景色

この写真の左の方に見える高い建物は、バルセロナ水道局のオフィスビル。
名前はトーレ・アグバールといって、フランスの建築家ジャン・ヌーヴェルが設計した建物。

それにしてもこんな大きなビル作って、
バルセロナ水道局の財政は大丈夫なんかな?っとちょっと心配(笑)


こちらは、カサ・ミラの建物の斜め向かいにある建物。

日本人建築家・伊藤豊雄がデザインした建物

めちゃ斬新なデザインやわぁ^^

日本の建築家伊藤豊雄さんがデザインしたスイート・アベニュー。
アパートメントスタイルのホテルやねんて。

こういった新しいデザインのものを受け入れて行く土壌がバルセロナにはあるんやねー。


さて、屋上から下りていきながら。
家の中も一部公開されてて見ることができるよ。

こちらはベッドルーム。

カサ・ミラ内のベッドルーム

ミラさんが実際に使ってた部屋かどうかは不明。
家具はガウディが設計したものもあるらしいよ。


そんでこちらは、ダイニングルーム。

カサ・ミラ内のダイニングルーム

その他にもバスルーム、キッチン、書斎などを見ることができたよー。

キッチンの器具とかは多少違うけど、
100年ぐらい前に作られた家具たちが、今とほとんど変わってないのが印象的。

ヨーロッパって昔からこんな進んだ生活やってんなー^^


1階の出口付近には、けっこう充実のお土産物ショップもあるよー。
ガウディ好きにはたまらない品揃えです。

emimは小さなトカゲのぬいぐるみを購入。


さて、なんだかんだで1時間近くいたわぁ。
お次は近くにある同じくガウディ建築のカサ・バトリョに行くよ~。


 
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://emimholidays.blog.fc2.com/tb.php/115-597ee829