東メボン、プレ・ループで遺跡めぐり終了 カンボジア旅行記4日目(5) - ビール好き女子が海外を行く!!ぷはぷは旅行ブログ

ビール好き女子が海外を行く!!ぷはぷは旅行ブログ ホーム » カンボジア2013_12月 » 東メボン、プレ・ループで遺跡めぐり終了 カンボジア旅行記4日目(5)

東メボン、プレ・ループで遺跡めぐり終了 カンボジア旅行記4日目(5)

アンコール遺跡めぐりの続きです。
大回りルート、残り2つ。

東メボンに到着。

東メボン

10世紀にラージェンドラヴァルマンが創建したヒンドゥー寺院。
アンコール・ワットより100年以上前、
バンテアイ・スレイと同時代に建てられたものです。

そのためか、バンテアイ・スレイと同様に赤みがかった色をしてるよ。
写真は逆光でちょっと暗いけど^^;


こちらは5つの祠堂を持つピラミッド型の建物。
中央の階段をのぼるよ~。

で、祠堂の入口などには、きれいなレリーフがけっこうたくさん。

インドラ神のレリーフ

こちらはインドラ神のレリーフ。
象に乗ってて、めちゃ愛嬌のある神様やね。


そして、こちらの遺跡にはもっと有名なものがあるよ~。

東メボンの基壇の四隅にいる象さん

なんと!基壇の四隅に大きな象さんの像です。
東西南北を見張ってまもってるんやねー。

日本のお寺では、四天王とかが怖い顔してまもってるけど。
こちらは、象がけなげにまもってる姿がかわいすぎやわぁ^^


さて。
東メボンから移動して、すぐ近くのプレ・ループへ。

先ほどの東メボンと同じく、ラージェンドラヴァルマンが創建。
形も同じような建物です。

プレ・ループ

けど!!
東メボンよりさらに巨大です!!
祠堂などを見るには、かなり長い階段をのぼらねば^^;


ガイドさんによると…。

長い階段の上の方は見晴らしが良いので、
夕日を見るスポットとして有名やねんて。
今の時刻はそうでもないけど、16時ぐらいから人が増えてくるらしい。

ガイドさん曰く、「夕日を見るために何時間も待つなんて変だよねー。」って。

現地の人にとっては日常的で何気ない景色だけど、
きっと観光客にとっては待ってでも見たい景色なんやろね~。


さて。話がずれたけど。
上から遺跡を見下ろすとこんな感じ。

中央祠堂から見下ろしたプレ・ループ

あ、ちなみに体調が万全でないemimは上にはのぼらず、
基壇のテラスの所で座ってガイドさんと世間話^^

元気な相方だけがはりきって上に行ってきたよ~。


で、この写真の中央あたりに四角い形の石槽があるの見える?

ここではなんと!
火葬の儀式が行われてたらしい。

残念ながら、この建物を建てたラージェンドラヴァルマン王が、
ここで火葬されたかどうかは不明やねんて。

けど、実際に誰かが火葬された痕跡は残ってるらしい。


そして。もう1つ有名なのがこちら。
祠堂に入る扉に注目♪

プレ・ループの偽扉

実はこれは偽扉です。
名前の通り、ニセの扉。
なので、こちらから中に入ることはできないよ~。

5つある祠堂の東側(正面)の出入口以外、
つまり西、北、南の出入口は、すべて偽扉やねんて。

これは、デザイン的なものなのか、
宗教的に何か意味があるものか、よく分からへんかったわぁ。
ガイドさんに確認すれば良かったな~。


さーて。
楽しかったシェムリアップ観光も以上で終了。

帰国のため空港に向かうまで3時間ほどホテルまったりするよ~。


 
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://emimholidays.blog.fc2.com/tb.php/151-f219db66