コンコルド広場のオベリスクはエジプトからの贈り物 パリ旅行記2日目(8) - ビール好き女子が海外を行く!!ぷはぷは旅行ブログ

ビール好き女子が海外を行く!!ぷはぷは旅行ブログ ホーム » パリ_2014_GW » コンコルド広場のオベリスクはエジプトからの贈り物 パリ旅行記2日目(8)

コンコルド広場のオベリスクはエジプトからの贈り物 パリ旅行記2日目(8)

凱旋門からメトロ1号線に乗って、コンコルド広場へ向かうよ~。

めちゃ便利なメトロやねんけど、
今回はなぜか、走ってる途中で10分ぐらい停車してしまい…。

停車理由とかの放送もないので、理由は分かれへんけど。
あ、放送あっても言葉は理解できないか。

あと、凱旋門近くでお土産を見たりもして。
なんだかんだでけっこう時間がかかって、コンコルド広場に到着♪

コンコルド広場のオベリスク


ちなみにコンコルド広場の最寄駅はコンコルド駅。
わかりやすくてええわぁ。

大雨はやんで、青空も少し出てきたよ。
遠くにはエッフェル塔も見えるね~。


コンコルド広場といえば、やっぱりオベリスク!!

オベリスクっていうのは、中央にすくっと立ってる棒みたいなやつです。

実は、このオベリスクはエジプトから運んできたもの。
ルクソール神殿の正面に立ってた2本のうちの1本やねんで~。

この写真は以前にemimがエジプトのルクソールに行った時に撮った写真。

ルクソール神殿のオベリスク

見ての通り、右側のオベリスクが残念ながら無くなってます^^;


その時のエジプトのガイドさんが、
「もう1本はフランスのパリにあります」って言ってたので。

emimはてっきり、
ナポレオンがまた勝手に持って帰ったのかなーっと、思っててんけど…。

どうやら、エジプト側からちゃんと贈られたもので、
勝手に持って帰ったものではないねんて~。

凱旋門に引き続き、またまた勉強になったわぁ。


で、コンコルドのオベリスクに戻って…。
なぜかオベリスクの先端にキラキラの金色キャップが!!

古代エジプト時代、このオベリスクがつくられた時は、
ピラミディオンといってこのキラキラのキャップがつけられててん。

それが後にピラミッドになったぐらいやから大切なものやねんけど。

現在のエジプトのオベリスクには、もう残ってないし。
なんか、めっちゃ違和感あるねー^^;


そして!
コンコルド広場でもう1つ有名なのが!!

マリーアントワネット

かのマリーアントワネットがギロチンにかけられた場所ってこと。
もちろん、ギロチン台とかは実際に残ってはないけどね。

そのこと記したプレートが地面に刻まれているらしいけど、
残念ながらemimたちは見つけることができず…orz

でも。
マリーアントワネットをはじめ、
数千人の人が処刑された地に自分がいるのもなんか不思議な感じ。

先人たちが平和のために努力してくれたことに感謝です。


そして、こんな素敵な噴水もあるよー。
水は出てなかったけど…^^;

コンコルド広場の噴水

水が出る時間帯とか決まってたりするんかなー?
ちょっと不明。

ちなみに。
右後ろの方にちょっとだけ見える三角の屋根の建物が有名なマドレーヌ寺院。

マドレーヌ寺院にもほんまは行きたかってんけど。
残念ながら時間の都合上カット。

なんか、パリでは心残りなことがたくさん出てくるなー^^;


そして。
シャンゼリゼ通りに向けて、ズームすると!!

凱旋門が見えるよ

さっきまでいた凱旋門が見えるよー。

コンコルド広場と凱旋門の距離はたぶん2キロぐらい。
その間をまっすぐなシャンゼリゼ大通りが貫いているので、
双方からそれぞれを見ることが出来るよ~。

ただ、さっき凱旋門にいた時は、大雨すぎてオベリスクは全然見えへんかったけどなー。


そして帰りがけに少し離れた所からもう一度広場の方に目をやると。

オベリスクとエッフェル塔

エッフェル塔がかなり大きく見えて。
オベリスクとの共演がまた見事な感じになってたよ。


さてさて。
またまた地下鉄に乗って。モンマルトルへ移動するよー。

 
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://emimholidays.blog.fc2.com/tb.php/190-90e341ee