サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(後半) フィレンツェ旅行記2日目(5) - ビール好き女子が海外を行く!!ぷはぷは旅行ブログ

ビール好き女子が海外を行く!!ぷはぷは旅行ブログ ホーム » フィレンツェ2016_GW » サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(後半) フィレンツェ旅行記2日目(5)

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂(後半) フィレンツェ旅行記2日目(5)

花の聖母教会内部を見学中です。

さて。ゆっくり進んで。
奥の主祭壇が近づいたところで天井を見てみると!!

ドーム型のクーポラの内側にキレイな絵が描かれてるよ~。

クーポラの内側に描かれた絵

こちらはヴァザーリとそのお弟子さんたち作「最後の審判」。
最後の審判というのは、新約聖書のクライマックス場面。

めっちゃ高い位置にあるから、下から見るとそんな大きく感じひんけど。
この絵めちゃ大きいらしい。

こちらの真ん中の神の大きさは2~3メートルはゆうにあるねんて^^;

クーポラの絵アップ

そして、400年前に描かれたとは思えないほど色が鮮やかに残ってるのに感動。
人物の表情までもはっきりと見てとれるってすごいわ~。

ヴァザーリさんステキな絵をありがとう!!


ちなみに。
ヴァザーリという名前はあまり聞いたことがないかもしれへんけど。

ジョルジョ・ヴァザーリ。
イタリアの芸術家。
ルネッサンスよりは少し後の時代の人。

ひとくちに芸術家と言ってしまったけど。
画家であり、建築家であり、美術史家でもあり。
ほんま多才な人で、このクーポラの絵以外にもたくさんの功績あり。

万能の天才というのは実はこの人のためにある言葉やとemimは思うわ~。


天井から目を下に向けて主祭壇を見てみると…。

大聖堂の主祭壇

飾られてる最後の晩餐の絵もすごく素敵やねんけど。
それよりもemimが気になったのは…!!

なんか子供がロウソク持ってる??

ガイドブックを見てみると…。
ロッビア作「天使の燭台」っていうのがあるからこれかな?

なるほどー。
子供じゃなくて天使なんやね。

そういえば日本でもお寺とかでかわいらしい動物がロウソクたてを支えてたりするなー。
それと同じようなイメージなんかなあ。

とっても癒される燭台でした~。


そして!!出口近くに地下へおりる階段があるよ~。

地下へ行く階段

ここを下りてみると…。

地下にあったのはお土産屋さんとクリプタ(サンタ・レパラータ地下教会遺構)。

クリプタというのは地下墓所のこと。
一般的に、その大聖堂とか教会にゆかりのあるえらい人のお墓があるよ。

ちなみに。
もともとすごく古い時代にこの場所にサンタ・レパラータ教会っていうのがあって…。
このサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂はその上に建てられたらしい。

最近の調査で地下にサンタ・レパラータ地下教会遺構があるのが分かったねんて。

なので、厳密に言えば違うけど…。
ここではクリプタとサンタ・レパラータ地下教会遺構は同じ場所と思っても良いと思うよ。


さてさて。
クリプタの中に入るのは有料なので。
ドゥオモ共通券(フィレンツェカードで交換もできる)が必要。

クリプタのチケットオフィス

チケットオフィスがここにもあるので外に出なくてもドゥオモ共通券を買うことができるよ。
emimたちはフィレンツェカードはあるけど使うのは明日からの予定。

そんな訳で、お土産物屋さんからクリプタの中をちょっとのぞき見。
柱とかの隙間からけっこう見えるし^^;


で、こちらがクリプタの目玉。

ブルネレスキのお墓です。

クリプタにあるブルネレスキのお墓

ブルネレスキというのは…。
さっき見たクーポラ(大聖堂のドーム部分)の建築の設計&現場総監督などをした人。

洗礼堂の門の装飾コンクールではギベルティに負けてしまったりとか。
いろいろ面白エピソードのある人で。

性格はかなり曲がった人だったみたい。
ここではエピソードを書ききれないので興味のある人はwikiとか見てみてね。

まあでも。
自分が造ったともいえるこのクーポラのほぼ真下で眠りにつくことができるなんて。
ブルネレスキは幸せな人なんやろうねー。


さてさて。
ドゥオモ関連は他にも鐘楼、洗礼堂、美術館と見どころ満載やねんけど。

今日はここだけで移動するので。
また後日紹介するね~。


で、この後はランチに移動。
移動がてら、大聖堂近くで外観だけ見た建物が2か所あるので軽く紹介するよ。

まずは、こちら!!
ダンテの家です。

ダンテの家

ダンテはフィレンツェ出身の詩人、哲学者。

代表作は神曲という叙述詩。
(emimは神曲というのが音楽の曲かと勘違いして勝手に音楽家と思ってた^^;)

で、一応ダンテの家ということやねんけど。

残念ながらダンテの時代よりもかなり後に建てられた観光用の建物。
実際にダンテが住んでいたわけではないらしい。

けど。この辺りで生まれ育ったのは事実らしいので。
ダンテが歩いたであろう街並みの雰囲気や空気感などを感じてみるのは良いかも。

emimたちは入らなかったけど。
建物の中はダンテ博物館のようになってるらしい。

フィレンツェカードも使えるので興味のある方はぜひ中にも。


そしてさらに5分ほど歩いて。
お次はこちら。

オルサンミケーレ教会です。

オルサンミケーレ教会

こちらは中世に建てられた古い建物。
教会やねんけど昔は小麦市場も兼ねていたらしい。

で、この建物がすごいのは外壁を飾る彫刻の数々。

飾られてるのはキリスト教の聖人たちの像やねんけど。
写真に写ってる黒い像です。

造った人たちが、ヴェロッキオ、ドナテッロ、ギベルティなどなど。
ルネッサンス期のフィレンツェを代表する芸術家たち。

ここで風雨にさらされてるのがちょっとかわいそうなぐらい貴重なものたちです。
(一部、レプリカらしいけど)

その当時はかなり力のある教会やってんなー。

場所もフィレンツェ中心部の便利な所にあるので外観だけでも見てや~。

さーて。
この後はお待ちかねのランチです!!


 
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://emimholidays.blog.fc2.com/tb.php/206-1610e21d